採用情報TOP > 看護スタッフTOP > 先輩インタビュー
 
 
 
   
川越リハビリテーション病院
看護師
入職の
きっかけ
以前は一般病棟で勤務していましたが、患者様に寄り添える看護をしたいと思った時、興味をもったのは回復期でした。実際に見学して、働いている人達の雰囲気が良かったのが決め手の1つでした。
瑞穂会の
魅力
私は今年出産予定です。以前は夜勤もやっていましたがライフスタイルに合わせて、勤務時間帯の変更をしてくれるのでとても働きやすいです。また、日勤帯は9:00からと少し遅めなのでゆっくりと出勤できます。ママさんナースもたくさん働いているので心強いです。保育室もあるので安心して仕事をすることができます。
仕事の
よろこび
車いすに乗っていた方が補助具を使いながら歩けるようになったり、失語のある方が話せるようになったりと患者さんの変化が見られた時、とてもうれしい気持ちになり、もっと頑張ろうとやりがいを感じます。
川越リハビリテーション病院
看護師
入職の
きっかけ
国家資格を取って初めての看護師の仕事は急性期病院でした。そして、結婚・出産を経て、初めての子育てと仕事の両立という不安を抱えての再就職の時に、それを可能にしてくれたのが瑞穂会でした。認可保育園に入りづらい状況の中、瑞穂会で院内保育室の利用をすることで看護師という仕事に復帰ができたのです。
瑞穂会の
魅力
子どもの成長とともに、親の働き方も子どもに合わせて変化していきます。子どもの学校行事やプライベートでの行事、子どもの病気などに理解のある上司に恵まれていて、看護協会が推薦するワークライフバランスが取れていると思います。
城南中央病院
看護部主任
 
入職の
きっかけ
社会に出てから「看護師になりたい」という夢を持ち、当院で看護助手をしながら学校に通って資格を取りました。今でこそ主任という立場になりましたが、以前はガソリンスタンドで働いていたんですよ〜(笑) 瑞穂会は進学支援体制がしっかりしているので、資格を持たずに入って、働きながら看護師を目指すというケースが多いんです。
瑞穂会の
魅力 1
当院のスタッフは、年齢や経験はバラバラですが、ほとんどの方がお子さんのいるナースです。残業がほとんど無く、保育室もあるので、小さいお子さんがいる方も多いですね。育児経験者が多いと、みんなその苦労を知っているので「子どもに手が掛かるうちは、子ども優先でOK」というのが共通認識。お子さんの体調が悪くて突然休んでしまった翌日にも、その人が気後れせずに出勤できる雰囲気を作っています。
瑞穂会の
魅力 2
「フィッシュ哲学」を導入して、ナースステーションに職員向けの新聞を掲示したり、仲間の誕生日にバースデーカードをプレゼントしたりするうちに、スタッフ間の距離がグッと縮みました。相手の知らなかった一面を知るたびに会話のキッカケが増え、お互いのプライベートを話す機会が増えましたね。
城南中央病院
准看護師
入職の
きっかけ
入職当時、子どもが1歳半でした。准看護師の資格も持っていませんでしたが、職種を問わず保育室を利用できるということで、子どもと一緒に出勤し、安心して仕事に取り組めました。准看護学校への進学も法人の支援体制がしっかりしていて、無事資格取得をすることができました。
瑞穂会の
魅力
今度2度目の産休に入ります。前回復帰後もしばらくは時短勤務にしてくださり、急な子どもの病気でのお休みにも職場のスタッフ皆でフォローしてくださったりと、小さい子どもがいてもとても働きやすい職場だと思います。
仕事の
よろこび
急性期病棟とは異なり、長い期間を患者様と接することができるので、患者様それぞれに合う細やかなケアを提供できます。
医療法人 瑞穂会  〒350-1138 川越市中台元町1-16-11 TEL.049-245-3551(代表) FAX.049-241-7282
Copylight Mizuhokail All Rights Reserved.